WEBに繋がるための窓口として利用されているプロバイダーの事を、わかりやすく紹介していく。

WEBを利用する時に必須なプロバイダーと見直し

最新の投稿

WEBの玄関であるプロバイダーとは

WEBを利用する時に必須なプロバイダーと見直し 今の世の中、インターネットのある生活が普通になり、どこにいてもWEBが必要となってきました。あまりに普通にインターネットに繋がれるようになり、初歩的な知識であるプロバイダーの事などを忘れがちになります。そこで、初心に戻るべく、インターネットへの入り口であるプロバイダーについて紹介していきます。

プロバイダーとは、インターネット・サービス・プロバイダーの事であり、それぞれの頭文字をとり「ISP」と略される事があります。供給するという意味であるプロバイダーの通り、それぞれのパソコンなどの端末にインターネット上での電話番号にあたるIPアドレスを割り当ててくれる仕組みになっています。プロバイダー業務を取り扱っているのは、通信回線業者がプロバイダー業もかねている事が多くあります。携帯通信会社などもプロバイダーであり、携帯電話やスマートフォンでインターネットを楽しめるようにするために、一台ずつにIPアドレスを割り振っています。

初期の頃は、電話回線を使用した通信であったために電話会社がプロバイダーとして力を持っておりましたが、高速通信時代となり、専用回線が必要になってくる頃になると、ケーブルテレビや電力会社など専門の回線を持っているような会社がプロバイダー業に参入して来ました。しかし、整備などのコストが莫大にかかるために、事業撤退や合併も多くなり、そのたびに名前が変わるので、利用者にとって分かりにくい時代もありました。
Copyright (C)2019WEBを利用する時に必須なプロバイダーと見直し.All rights reserved.