パソコンでWEBを利用するにはプロバイダーを選択することが大事なのですが、選択したところで、アドレスも決まる。

WEBを利用する時に必須なプロバイダーと見直し

最新の投稿

WEBは選択するプロバイダーでアドレスが決まる

WEBを利用する時に必須なプロバイダーと見直し パソコンを使用するならば、WEBを見たいですね。これを見るには、必ずプロバイダーに加入をしないとネットへの接続が出来ないので、新規で申し込まれる時は、お好きなところを選ばれるといいかと思います。ネットへ接続が出来ると、メールの送受信がし放題になるので、送受信に必要なメールアドレスが選んだところで決まってしまうのです。アドレスのアッドマークの前の部分は、自分で変更できるのですが、他の方が使われている時には、別なものに変更をすることが大事なのです。アドレスを設定する際に、なるべく英語と数字をまぜての文字にすると、迷惑メールも来ないと思います。

ネットの接続の回線をADSLからひかりに切り替える時は、アドレスはそのまま継続して使うことが出来るので、切り替えることだけ伝えておくことがいいですね。メールを使用している時に、切り替えるたびに変更をするのはとっても大変だと思います。回線の系列ではないアドレスを使用している時は、新たなアドレスへの変更が必要になることが多いので、その時の切り替え方法としては、月の初めの日に回線工事を行うことが大事なのです。アドレスの利用は一ヶ月単位ですが、月の初めで今まで使われていたアドレスを解約しても料金は、前の月に使われた料金のみ請求されるのです。なぜ月初めにしたほうがいいかというと、新規で使われる時は、数ヶ月利用料金が無料になるので、月の1日に工事をしたほうがいいのです。また、以前使われていたアドレスの登録を切り替えるために、1日に解約をすることがいいのです。なので1日だけは、お工事が完了しても使えるアドレスは2つになるということです。

お役立ち情報

Copyright (C)2019WEBを利用する時に必須なプロバイダーと見直し.All rights reserved.