プロバイダーは線を提供するだけでなく、メールアドレスやWEBサイトの提供などのWEBサービスを行っています

WEBを利用する時に必須なプロバイダーと見直し

最新の投稿

プロバイダーのWEBサービスについて

WEBを利用する時に必須なプロバイダーと見直し 最近ではインターネットの仕組みを理解している人が多くなりました。以前ではプロバイダーを教えてください、と言っても返答してくれなかった人が、今では自分のプロバイダーをしっかり把握しています。しかしながら、まだプロバイダーに関する知識が行き届いていない場合も多いようです。今回は、プロバイダーについて理解を深める手助けをしたいと思います。そもそもプロバイダーという単語自体が、英語の”provide”に由来しており、意味はそのまま「供給者」になります。プロバイダーはただインターネットの回線を提供するだけではありません。最近よくありがちなのは、メールアドレスです。多くの人は、パソコンのメールアドレス、と聞くとフリーメールであったりSNSのものであったりしますが、パソコンのメールアドレスはプロバイダーから支給されます。各プロバイダーごとに数や変更可能回数などが決められています。また、迷惑メール対策サービスなども提供されています。最近ではメールアドレスを提供しないプロバイダーもありますので、加入前に調べておくことが重要です。

また、WEBサイトを立ち上げようと思った際も、プロバイダーのサービスで可能です。これも対応していないプロバイダーなどがあります。主に、店舗を持たないネットワーク専業のプロバイダーに多いようです。その他、ネットワーク回線の種類なども各社により異なります。同じ光回線でも速度には差がありますので、しっかりとした調査が必要です。

お役立ち情報

Copyright (C)2019WEBを利用する時に必須なプロバイダーと見直し.All rights reserved.